運営:司法書士和久咲法務事務所

千葉・習志野 相続登記・遺言相談室

〒275-0001 千葉県習志野市東習志野8丁目13番10号 パルコート八千代302

お気軽にお問合せ・ご相談ください
初回のご相談は無料です

受付時間
9:00~18:00
休業日
土・日・祝日

ご相談は
夜間・土日祝日もOK!(要予約)
お気軽にお問合せ下さい

   お悩み解決直通電話番号はこちら↓

047-470-5001

ご相談のみでも大丈夫です。
ご相談だけで頭の中がすっきり整理できることも

相続手続でよくあるご質問

私は離婚後に今の夫と再婚をしました。現在は、夫と前の夫との子(連れ子)とともに暮らしています。先日、連れ子は今の夫の相続人にはならないと聞いたのですが本当ですか?

本当です。
連れ子には相続権がありません。
遺言を作成したり、連れ子と今の夫のとの養子縁組が解決策として考えられます。
 

連れ子には相続権がない

上記のイラストでは、A子さんはC美さんを連れてD郎さんと再婚しています。この状態でD郎さんに相続が生じた場合、C美さんはD郎さんの相続人にはなりません。

A子さんとD郎さんは結婚をしていますが、それにより自動的にC美さんがD郎さんの(法律上の)子になることはありません。

そのため、一見、仲睦まじい家族のように見えたとしても、子が親(と思われている人)の相続人ではないということがあり得ます。

上記のイラストの場合、C美さんはD郎さんの相続人ではないため、D郎さんの不動産や預貯金といった財産をC美さんは相続することができません。

解決案その1

C美さんにD郎さんの財産を残す方法の一つとして、D郎さんがC美さんに遺贈する方法があります。

遺贈とは相続人でない人に遺言によって財産を引き継がせることです。

具体的には「C美に〇〇を遺贈する」という内容の遺言書を作成することになります。

ただし、D郎さんに遺留分を有する相続人(配偶者や前妻との間の子など)がいる場合、遺言書は遺留分に気を付けて作成する必要があります。

遺留分について

例えば、「すべての財産をC美に遺贈する」という遺言を残した場合、配偶者であるA子さんには遺留分があるので、A子さんとC美さんの間でトラブルになりかねませんので、遺留分には十分留意する必要があります。

解決策その2

C美さんにD郎さんに財産を残すもう一つの方法として、D郎さんとC美さんの養子縁組があります。

先述のように、A子さんとD郎さんが結婚しただけではC美さんはD郎さんの子にはなりません。子になるためにはD郎さんとC美さんが養子縁組をする必要があります。

なお、C美さんが未成年者であっても、A子さんとD郎さんが婚姻届けを出していれば(結婚していれば)、養子縁組について家庭裁判所の許可は不要です※。

※原則として、未成年者を養子する場合は家庭裁判所の許可が必要ですが、上記はその例外です。

お悩み解決直通メール
はこちら

お悩み解決直通電話

お電話でのお問合せ

↓お悩み解決直通電話番号↓

047-470-5001

代表プロフィール

経歴等
  • 平成18年
    司法書士試験合格
    試験合格の前後を通じて
    2か所の事務所にて勤務
    その後、千葉県習志野市にて開業
  • 二児の父

「景山に頼んでよかった」と思っていただける事務所を目指しています。お気軽にご相談・お問い合わせください。

アクセス

047-470-5001
住所

275-0001 千葉県
習志野市東習志野8-13-10
パルコート八千代302
京成線八千代台駅 徒歩10分
京成バス 東習志野8丁目前

営業時間

9:00~18:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日