運営:司法書士和久咲法務事務所

千葉・習志野 相続登記・遺言相談室

〒275-0001 千葉県習志野市東習志野8丁目13番10号 パルコート八千代302

お気軽にお問合せ・ご相談ください
初回のご相談は無料です

受付時間
9:00~18:00
休業日
土・日・祝日

ご相談は
夜間・土日祝日もOK!(要予約)
お気軽にお問合せ下さい

   お悩み解決直通電話番号はこちら↓

047-470-5001

ご相談のみでも大丈夫です。
ご相談だけで頭の中がすっきり整理できることも

相続手続でよくあるご質問

婚姻届けを提出していませんが20年以上同居している(内縁の)夫がいます。夫名義の不動産があるのですが、夫に万一があったとき、内縁だとその不動産を相続することができないと聞きましたがそれは本当ですか?

本当です。
法律上の婚姻関係のない、いわゆる内縁関係の配偶者には相続権はありません。そのため、内縁の夫の不動産を相続することができません。
この場合、遺言書の作成が解決策の一つです。

内縁の配偶者には相続権がない

昨今、夫婦別姓についても盛んに議論されていますが、相続については、現段階では法律婚が原則となっています。

つまり、事実上の婚姻状態が長期にわたって継続していたとしても婚姻届けを提出してないければ、配偶者には相続権はなく、相続人にはなれません。

解決案

しかし、長年連れ添ったパートナーに対する想いは、法律上の手続きをしているか否かで区別されるものではありません。

そこで、内縁の配偶者へ財産を遺したい場合(配偶者の財産を引き継ぎたい場合)は、遺言書の作成が有用です。

遺言者は、遺言によって基本的に自己の財産を自由に処分することができます。したがって、内縁の配偶者へ自分名義の「不動産をあげる」こともできます。

この「不動産をあげる」ことを「遺贈する」と言います。

先述のように、内縁の配偶者は相続人にはなれませんので、自己名義の不動産を「相続させる」のではなく「遺贈する」ということになります。

遺留分にご注意

遺言者は、遺言によって自己の財産を自由に処分できると書きましたが、遺言者に遺留分を有する相続人(内縁の夫の両親、内縁の夫の前婚の子など)がいた場合、その遺留分に配慮した遺言を作成する必要があります。

遺留分について

一方、内縁の夫の兄弟姉妹が相続人の場合、その兄弟姉妹には遺留分はありません。そのため、遺留分を気にすることなく遺言をすることができます。

この場合、「全財産を内縁の妻に遺贈する」という趣旨の内容の遺言であっても、遺留分を心配する必要はありません。

お悩み解決直通メール
はこちら

お悩み解決直通電話

お電話でのお問合せ

↓お悩み解決直通電話番号↓

047-470-5001

代表プロフィール

経歴等
  • 平成18年
    司法書士試験合格
    試験合格の前後を通じて
    2か所の事務所にて勤務
    その後、千葉県習志野市にて開業
  • 二児の父

「景山に頼んでよかった」と思っていただける事務所を目指しています。お気軽にご相談・お問い合わせください。

アクセス

047-470-5001
住所

275-0001 千葉県
習志野市東習志野8-13-10
パルコート八千代302
京成線八千代台駅 徒歩10分
京成バス 東習志野8丁目前

営業時間

9:00~18:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日